社長挨拶

このたび、難治・希少疾患に注力した研究開発型の創薬ベンチャーとして、株式会社ジェクスヴァルを、設立いたしました。「患者さんとそのご家族に笑顔になっていただきたい」という想いを同じくする仲間とともに、2018年4月1日より神奈川県藤沢市の湘南ヘルスイノベーションパークにおいて、事業を開始致しました。

難治・希少疾患の薬の研究開発は、創薬研究の中でも、「リスクを許容できる人材と支援者」、「知識と経験」、「質の高いシード」、「資金」などさまざまな条件が整わなければなかなか実現が難しい、とてもチャレンジングな領域です。

これまで取り組んできた創薬研究からの学びと経験、ネットワークを生かし、質の高い候補化合物と効率的な研究開発戦略によって、一日も早く患者さんとそのご家族にお薬を届けられるよう、努めて参ります。常に患者さんファーストで、コミットし、リスクをとることを恐れず、挑戦し続け、ベストを尽くします。

どうぞよろしくご指導、ご支援のほどお願い申し上げます。

2018年4月1日
株式会社ジェクスヴァル 代表取締役社長
加藤珠蘭

企業理念

VISION & MISSION

お薬を必要とするすべての人に

ジェクスヴァルは

お薬を必要とするすべての人に
笑顔希望をお届けしたい

そう考えています


Our VISION

難病・希少疾患の患者さんやそのご家族に

ジェクスヴァルは常に患者さんファーストで
よりよいお薬を待っている
難病・希少疾患の患者さんやそのご家族に

1日も早く 革新的で 費用対効果の高い
お薬をお届することを目指しています

Our MISSION

Purposed to Repurpose

世の中に眠る「もったいない」お薬の種から
新しい価値を見つけ出して
難病・希少疾患と向き合う患者さんとそのご家族に
一日でも早くお薬をお届けする

それが GEXValの志 です


Our STRATEGY

「希少疾患(難病)には薬がまだまだ足りない」

希少疾患とは
まれに発生する病気のことで国によって定義される患者数が異なります

  • 日本の場合、発生頻度が10,000人あたり4人未満、
    つまり患者数は人口1.3億人として50,000人に満たないことになります
  • 米国 の場合、発生頻度が10,000人あたりおよそ6人以下、
    つまり患者数は、人口3億人として200,000人に満たない計算です
  • 欧州の場合、発生頻度がおよそ10,000人あたり5人未満、
    つまり患者数は、人口5.1億人として250,000人に満たないという計算です
7000種もある
希少疾患のうち
わずか5%にしか薬がない
10人に1人は
何かしらの希少疾患を有する
多くが遺伝子
の変化による
500以上の臨床試験が
実施されており
承認薬の過半数(31)は

希少疾患用 (2020年)
細胞や遺伝子治療など
高額な治療法では
誰もがアクセス
できるわけではない

希少疾患用の医薬品開発は従来のR&Dモデルよりもリパーパシング創薬で


従来のゼロから始める
de novo 創薬

リパーパシング創薬
成功確率低い高い
開発時間長い短い
開発コスト高い低い

ドラッグリパーパシングで希少疾患にお薬を

私たちが取り組んでいる課題

社名の由来

創薬の過程では多くの化合物が生み出され、その中のほんの一握りが薬まで到達するのみで、ほとんどの化合物は世に出ることなく埋もれてしまいます。しかし、それらの中には高い可能性を秘めたものも少なからず存在します。リポジショニング研究を通してそのような魅力的な化合物を見出し、新たな価値を育てていく、Generate Extra Value からGEXVal の名前は生まれました。

Generate Extra Value

常に患者さんファーストで、難治・希少疾患の患者さんの
QoL (Qualify of Life) 向上のため、革新的で費用対効果の高い
治療薬をお届けすることを目指します。

ロゴに込めた思い

コーポレートシンボル

日本の伝統的な飾り紐である水引きで編んだ蝶をモチーフにあしらいました。水引は七世紀頃に随から伝わったと言われており、その後日本で贈答品の装飾用に独自の発展を遂げたものです。

水引きの結び方の1つに、お守り袋に用いられる叶結びという結び方があります。表側は「口」、裏側は「十」の形になっており、二つを合わせると「叶」の文字になります。

患者さんに一日も早くお薬を届けたい。そんな願いが叶うようにという想いが込められています。

コーポレートカラー

ジェクスヴァルのコーポレートカラーは小紫(こむらさき)です。GEXValの重点プロジェクトが対象としている希少疾患の患者団体が紫色をシンボルカラーに起用していること、GEXValがロゴに起用した蝶に「コムラサキ」という名前の蝶がいることから、この色をコーポレートカラーに選びました。

小紫は、植物のコムラサキの実のような渋めの濃い紫色です。 日本の古典的な色で、七世紀半ばの日本書紀にも記載されている、日本の冠位「七色十三階冠(ななしきじゅうさんかいかん)」に配される高貴な色です。

蝶のコムラサキ
(学名:Apatura metis substituta

コムラサキは、タテハチョウ科コムラサキ亜科の蝶で、別名「Freyer’s purple emperor」とも呼ばれます。一見茶色い地味な蝶ですが、午後から夕方にかけて活発に飛び回る時に、雄の羽の内側の鱗粉が光の加減で鮮やかな紫色の光を放つことからこの名がつきました。

日本では北海道から九州にかけてほぼ全国に分布しますが、私たちのオフィスのある神奈川県では、レッドデータブックに記載される絶滅危惧種となっています。

植物のコムラサキ
(学名:Callicarpa dichotoma

コムラサキは、シソ目クマツヅラ科ムラサキシキブ属の植物で、別名「小式部(コシキブ)」とも呼ばれています。台湾、中国の暖帯から亜熱帯にかけて分布し、日本では本州以南から琉球列島で見られます。

同属の紫式部(ムラサキシキブ)」を小さくしたような様子からこの名前がつけられたようですが、実はコムラサキの方が豪華に鈴なりの紫色の実をつけます。

さらにジェクスヴァルを知る

会社概要

会社概要についてはこちらをご覧ください

チーム

チームメンバーについてはこちらをご覧ください