創業者メンバー

加藤珠蘭 理学博士
代表取締役社長


略歴
東京工業大学博士課程修了(分子生物学)。国際基督教大学非常勤助手、カリフォルニア大学ロサンジェルス校(UCLA)ポストドクトラルフェロー、アシスタントリサーチャーを経て、2006年武田薬品工業入社。がん創薬ユニット主任研究員、エクストラバリュー創薬ユニット、イノベーション&アントレプレナーシップ主席研究員を経て現職。

表彰
創薬ユニット部門長賞、研究本部長賞、研究所長賞(武田薬品工業)
Brigid G. Leventhal Scholars賞 (AACR学会年会、がん優秀女性研究者賞)

職務発明
物質特許1件、用途特許1件

書籍
1)上代、佐藤監訳、2009、シグナル伝達 第二版、メディカル・サイエンス・インターナショナル
2)三浦、仙石著、2009、博士号を取る時に考えること取った後にできること、羊土社 ほか

主要論文
1)加藤、バクセンデール、ドラッグリポジショニングで希少疾患のお薬を、2019、Medical Science Digest 45巻、p34~37 * AIやビッグデータを用いたリポジショニング研究など製薬企業やベンチャーの取り組みについて
*別刷をご希望の方は、お名前・部数数・送付先を右記までご連絡下さい。info@gexval.com

2)Hosomi, Fujimoto, Ushio, Mao, Kato, and Takada, 2018, An integrative approach using real-world data to identify alternative therapeutic uses of existing drugs, Plos One.13 (10), 1/19-19/19. リアルワールドデータ(有害事象報告データベース、cmap)を用いたドラッグリポジショニング研究について  https://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0204648

3)Khazak, Eyrisch, Kato, Tamanoi, and Golemis, 2013, A two-hybrid approach to identify inhibitors of the RAS-RAF interaction. Enzymes. 33, 213-48. 酵母を用いた抗がん薬の創出について https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/25033807/

4)Okaniwa, Hirose, Imada, Ohashi, Hayashi, Miyazaki, Arita, Yabuki, Kakoi, Kato et al. (2012) Design and Synthesis of Novel DFG-Out RAF/Vascular Endothelial Growth Factor Receptor 2 (VEGFR2) Inhibitors. J Med Chem. 55:3452-78. 抗がん薬の創出について https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/22376051/

 

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は Mami-e1534522422383.jpg です小島まみ
取締役 チーフナレッジオフィサー

 


略歴:
京都大学医療短期大学部衛生技術学科卒(臨床検査技師)後、1980年武田薬品工業入社。循環代謝疾患創薬ユニットにおいて、降圧剤の前臨床薬理試験で筆頭研究者として従事したほか、心疾患開発候補化合物の前臨床試験に従事。イノベーション&アントレプレナーシップ主任研究員をへて現職。

表彰
社長表彰、武田グローバルアワード、創薬研究所長賞ほか(武田薬品工業)

職務発明
物質特許および用途特許 複数件

主要文献:
1)Ojima M et al., In vitro antagonistic properties of a new angiotensin type 1 receptor blocker, azilsartan, in receptor binding and function studies, 2011, J Pharmacol Exp Ther. 336(3):801-8.  降圧剤アジルバ(ARB)の活性についてhttps://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/21123673/

2)Ojima M et al., Candesartan (CV-11974) dissociates slowly from the angiotensin AT1 receptor. Eur J Pharmacol, 1997, 319(1):137-46.  降圧剤ブロプレス(ARB)の特性について https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/9030909/

3)Ojima M et al., Attenuation of Neurotransmission by an Angiotensin II Receptor Antagonist, Candesartan (CV-11974), in Spontaneously Hypertenisive Rats, 1996, Jpn Pharmacol Ther. 薬理と治療 24(7): 1433-8. 降圧剤ブロプレス(ARB)の発見について

 

毛莉莉 理学博士 
取締役 チーフサイエンスオフィサー


略歴:
University of Medicine and Dentistry of New Jersey博士課程修了。ラトガース大学、ミネソタ大学において、リサーチアソシエイト、ポストドクトラルフェロー、ポストドクトラルアソシエイトとして、研究に従事した後、2015年、武田薬品工業入社。エクストラバリュー創薬ユニットポストドクトラルフェロー、イノベーション&アントレプレナーシップ主任研究員をへて現職。

表彰
PSI/Nature Structural Biology Knowledgebase、テクニカルハイライト

発明
テクノロジー2件

主要文献:
1)Hosomi, Fujimoto, Ushio, Mao, Kato, and Takada, 2018, An integrative approach using real-world data to identify alternative therapeutic uses of existing drugs, Plos One.13 (10), pp1/19-19/19. リアルワールドデータ(有害事象報告データベース、cmap)を用いたドラッグリポジショニング研究について

2)Mao et al., 2013, Encyclopedia of Biophysics
3)Mao et al., 2012, Methods in Molecular Biology
4)Mao et al., 2010, J. Struct Funct Genomics


この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は Takako2-150x150.jpg です内藤貴子
リサーチアライアンス 主幹


 

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は Midoro-150x150.jpg です美土路活男 農学博士
信頼性保証 主任

 

その他のメンバー

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は Akiko-150x150.jpg です岡晶子
総務 エクゼクティブ セクレタリー


 

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は Maruhashi-150x150.jpg です丸橋和夫 薬学博士
顧問   CMC


略歴
長年に渡り、プロセス開発および医薬品製造に従事。医薬品製造管理者、治験薬品質管理者。1979-1991 和光純薬(株) プロセス検討担当、1991-2007 大鵬薬品工業(株) 工業化技術研究所所長/合成化技術研究所所長、2007-2008 三菱商事(株) 中国研究開発部門責任者、2008-2015 エースジャパン プロセス開発および原薬製造管理担当。現在は、化学品商社およびCROの顧問、東京大学大学院薬学系研究科 薬学部研究員を兼務。

コンサルタント

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_23E8A1E83AC5-1-300x300.jpeg ですAndrew Baxendala, PhD
Senior Advisor
Clinical Strategy & Global BD


略歴
前職、武田薬品グローバルプログラムリーダー。様々な開発モデルによって化合物パイプラインの最適化に貢献。また、種々の導出案件を手がけ、新会社の設立をリード。さらに会社設立後に、取締役としてリーダーシップに参画し、開発推進に貢献した。GSK、第一三共、UCB、Cycle Pharmaなど製薬企業の研究開発部門で幅広い疾患領域の研究開発、事業開発を多数リード。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は Guido2-300x300.jpeg ですGuido Hanauer, DVM, PhD
Seinor Advisor
Preclinical development & Translational research


略歴
前職、武田薬品トランスレーショナルメディシンディレクター。長年、Byk Gulden, Altana Pharma, Nycomedなど製薬企業の研究開発部門で、前臨床研究、安全性部門の部門長として組織をリード。取得特許27件、20あまりの候補化合物の開発をリード。

サイエンスメディカルオフィサー

伊藤雅之 医学博士
チーフサイエンスメディカルオフィサー
国立精神・神経医療研究センター疾病研究第二部室長
専門領域:発達神経病態学