創業者メンバー

加藤珠蘭 理学博士
代表取締役社長


略歴
東京工業大学博士課程修了(分子生物学)。国際基督教大学非常勤助手、カリフォルニア大学ロサンジェルス校(UCLA)ポストドクトラルフェロー、アシスタントリサーチャーを経て、2006年武田薬品工業入社。がん創薬ユニット主任研究員、エクストラバリュー創薬ユニット、イノベーション&アントレプレナーシップ主席研究員を経て現職。

表彰
創薬ユニット部門長賞、研究本部長賞、研究所長賞(武田薬品工業)
Brigid G. Leventhal Scholars賞 (AACR学会年会、がん優秀女性研究者賞)

職務発明
物質特許1件、用途特許1件

主要文献
1) 上代、佐藤監訳、2009、シグナル伝達 第二版、メディカル・サイエンス・インターナショナル
2) 三浦、仙石著、2009、博士号を取る時に考えること取った後にできること、羊土社 ほか

 

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は Mami-e1534522422383.jpg です小島まみ
取締役 チーフナレッジオフィサー


略歴:
京都大学医療短期大学部衛生技術学科卒(臨床検査技師)後、1980年武田薬品工業入社。循環代謝疾患創薬ユニットにおいて、降圧剤の前臨床薬理試験で筆頭研究者として従事したほか、心疾患開発候補化合物の前臨床試験に従事。イノベーション&アントレプレナーシップ主任研究員をへて現職。

表彰
社長表彰、武田グローバルアワード、創薬研究所長賞ほか(武田薬品工業)

職務発明
物質特許および用途特許 複数件

主要文献:
1) Ojima et al., 2011, J Pharmacol Exp Ther.
2) Ojima et al., 1997, Eur J Pharmacol.
3) Ojima et al., 1996, Jpn Pharmacol Ther.

 

毛莉莉 理学博士 
取締役 チーフサイエンスオフィサー


略歴:
University of Medicine and Dentistry of New Jersey博士課程修了。ラトガース大学、ミネソタ大学において、リサーチアソシエイト、ポストドクトラルフェロー、ポストドクトラルアソシエイトとして、研究に従事した後、2015年、武田薬品工業入社。エクストラバリュー創薬ユニットポストドクトラルフェロー、イノベーション&アントレプレナーシップ主任研究員をへて現職。

表彰
PSI/Nature Structural Biology Knowledgebase、テクニカルハイライト

発明
テクノロジー2件

主要文献:
1) Mao et al., 2013, Encyclopedia of Biophysics
2) Mao et al., 2012, Methods in Molecular Biology
3) Mao et al., 2010, J. Struct Funct Genomics
4) Hosomi et al., 2018, An integrative approach using real-world data to identify alternative therapeutic uses of existing drugs, Plos ONE

 

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は Takako2-150x150.jpg です内藤貴子
リサーチアライアンス 主幹

 

 

 

 

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は Midoro-150x150.jpg です美土路活男 農学博士
信頼性保証 主任

 

 

 

 

その他のメンバー

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は Akiko-150x150.jpg です岡晶子
総務 エクゼクティブ セクレタリー

 

 

 

 

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は Maruhashi-150x150.jpg です丸橋和夫 薬学博士
顧問   CMC

 

 

 

略歴
長年に渡り、プロセス開発および医薬品製造に従事。医薬品製造管理者、治験薬品質管理者。1979-1991 和光純薬(株) プロセス検討担当、1991-2007 大鵬薬品工業(株) 工業化技術研究所所長/合成化技術研究所所長、2007-2008 三菱商事(株) 中国研究開発部門責任者、2008-2015 エースジャパン プロセス開発および原薬製造管理担当。現在は、化学品商社およびCROの顧問、東京大学大学院薬学系研究科 薬学部研究員を兼務。

 

コンサルタント

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_23E8A1E83AC5-1-300x300.jpeg ですAndy Baxendala,PhD
Senior Advisor
Clinical Strategy & Global BD


略歴
前職、武田薬品グローバルプログラムリーダー。様々な開発モデルによって化合物パイプラインの最適化に貢献。また、種々の導出案件を手がけ、新会社の設立をリード。さらに会社設立後に、取締役としてリーダーシップに参画し、開発推進に貢献した。GSK、第一三共、UCB、Cycle Pharmaなど製薬企業の研究開発部門で幅広い疾患領域の研究開発、事業開発を多数リード。

 

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は Guido2-300x300.jpeg ですGuido Hanauer,DVM, PhD
Seinor Advisor
Preclinical development & Translational research


略歴
前職、武田薬品トランスレーショナルメディシンディレクター。長年、Byk Gulden, Altana Pharma, Nycomedなど製薬企業の研究開発部門で、前臨床研究、安全性部門の部門長として組織をリード。取得特許27件、20あまりの候補化合物の開発をリード。

 

サイエンスメディカルオフィサー

伊藤雅之 医学博士
チーフサイエンスメディカルオフィサー
国立精神・神経医療研究センター疾病研究第二部室長
専門領域:発達神経病態学